marei niimi designs
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

梅とメジロ
(C)marei niimi
昨年、散歩中に出会ったメジロが忘れられず、刺しゅうにしました。
アスファルトの上に、鳥のおもちゃが落ちているのかなと思ったら、本物のメジロで驚きました。目は開いているけど、微動だにせず、固まったまま座っているメジロ。車が通る道だったので、何とか移動させたいと思いつつも、鳥を触ったことがないのであたふたしてしまいました。
その間、頭上に張り出していた木の枝から、小さい鳥の鳴き声が聞こえてきて、きっと仲間達が落ちたメジロを見て「人間がそばにいるよー。犬もいるよー。どうしよーどうしよー。早く飛んでー。」と言っている気がしました。
焦りつつも、まずは手でつかんで移動させようと触れた瞬間、そのメジロは急に羽ばたいて、道の反対側の木へ飛んでいきました。すると、頭上にいた仲間たちも一瞬にしてその木へ飛び移り、嬉しそうに鳴いていたのです。
ほっとしました。飛べた。ケガしてなかった。良かったー。
鳥が仲間を心配したり、一緒に喜び合う様子を目の当たりにして、度々その光景を思い出しています。それに、メジロが本当に美しかった。小さくてかわいくて。あのあと、そのメジロが楽しく暮らしていることを想像しながら刺しゅうしました。
メジロの特徴である、目の周囲の白い部分、これをうまく表現できたかなと自分では思っています。
近所では梅が咲いています。あれからメジロは見かけていません。
あのメジロが、どこかの梅の木で楽しく暮らしていることを願っています。
アカツメクサの15面ビスコーニュ
(C)marei niimi
こちらもビスコーニュの本に載せていただいた作品です。
アカツメクサをモチーフにしました。
シロツメクサに似ていますが、葉っぱの形が違います。
裏側は葉っぱだけのリース。

15面の面白さを生かして、表、横、裏側のモチーフの組合せを楽しんでみました。
ころんと丸い形のビスコーニュ、存在感もありますが飾っておいてもとてもかわいいです。
アリスのビスコーニュ
JUGEMテーマ:handmade
(C)marei niimi
「フランスのかわいいピンクッション ビスコーニュ」に掲載していただいた作品です。
ちょっと前に戻ってきましたので、ブログにアップしてみました。
「不思議の国のアリス」をテーマにして、関連性のあるデザインで2つ作りました。
アリスの図案は、現在個人的に販売中のものが2つありますが、ビスコーニュという限られたスペースでの表現は新しい挑戦でした。
サンプラーと違って、ひと目でアリスであったり、白ウサギであったりが分かるようなデザインにしなければ、形がいびつでループ状の特徴があるビスコーニュには通用しない!と思って頑張った記憶があります。
ちょっとした遊び心で、白うさぎの持っている時計の時間をそれぞれ変えたり、アリスの持つ花の形も変えたりしました。
裏側も表と同じくらい楽しめるようにとデザインしました。
こちらはチェシャ猫が登場。赤いキノコに黄色のフレンチノットで模様をつけたのが気に入っています。
表と裏どちらも、ナチュラルカラーリネンに刺してもしっくりくる色だと思います。
もう季節外れ?雪だるま 再び
JUGEMテーマ:handmade
(C)marei niimi
先日の雪だるまの図案からアレンジして、ひとり雪だるまバージョンです。
気温が20℃を超える日もあり、もう出番はないかと思っていましたが、昨日の夕方にはなんと雪が降っていました。
で、そそくさと登場した雪だるまなのです。
寒くなってくると、出てくるのですよ。
かといって、陽射しはもう春の感覚で、紫外線対策とか春なに着ようとか、もろもろ悩みはじめた今日このごろ。
春らしい図案はまた1つ完成しているので、そちらも早く刺さないと。と思っております梅
お雛様完成しました
JUGEMテーマ:handmade
(C)marei niimi
一応、完成とします。
とにかく、一旦ここでおしまいにしてみようと思います。
あまりすっきりしないというか、納得がいかないというか…
もう良くわからなくなってきました。
販売も視野に入れていたのですが、これも保留にします。
今日は日射しが心地よい天気でした。
お花屋さんにはピンク色の花がたくさんあって、春を感じました花